神辺本陣 

かんなべほんじん​

神辺本陣

  江戸時代 延享3年(1746年)に建てられた神辺本陣は、黒塗りの土塀に囲まれた参勤交代の大名が宿泊していた施設です。

その昔神辺町は、西国街道(近世山陽道)の宿駅として栄えており、旅の疲れを癒す要所となっていました。現在この建物は広島県の重要文化財に指定されており、一般財団法人 菅波教育文化振興財団 により維持管理が行われています。

お知らせ

 神辺本陣について 

 神辺本陣の歴史など施設に関して ”

 菅波教育文化振興財団について 

 財団の活動に関して

 ​文化教育活動について 

神辺本陣に関する活動に関して 

 

​神辺本陣の行事について  

  ※カレンダーをクリックすると詳細が表示されます。

今日のお天気 (福山市)